So-net無料ブログ作成

ロード用ブレーキレバーにMTB用のブレーキワイヤーを使うと千切れる [自転車(メンテ・修理)]

走行中にフロントのブレーキワイヤーが切れたら死んでまうやんか
resize7_1998.jpg
びっくりびっくり


以前、ミニベロのブレーキレバーの記事で、MTB用のタイコでもブレーキレバーに入らないことないという話を聞いていたので、
この自転車のブルホーン化のときに何気なく手持ちのブレーキインナーワイヤーを流用していたんですが、

 関連: フラットバーをブルホーン化 併せてミニVブレーキに交換

乗っているうちに、だんだんブレーキが甘くなってきたので、停車してアジャスターを回してブレーキのテンションを上げて
resize7_2000.jpg
前輪ロックできる程度まで上がったかな?とギュッとレバーを握ったらプチッ!コロコロコロ~とワイヤーのタイコが地面に転がっていきました。
ゾッとしました。
resize7_1999.jpg

ちょっと前にやはりテンションが落ちてるのを感じて、自宅でワイヤーを留めてるナットを締め直したばかりなので(今思うとすでに千切れ始めていた)、
おかしいなあと破断面を見てると、経年劣化でささくれた状態じゃなく、ズバッと決まった位置で切れてるのでおかしいと思案の結果ー

ロード用のブレーキインナーを使ってないから、特定の部分にへんなテンションが掛っていたんだなと結論
resize7_2001.jpg
ロード用ブレーキレバーのインナーはこんなキノコ型のタイコ。


生きててよかった。





nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。